hotarunosato’s blog

V6を糧に日々生きてます。岡田くんへの愛多めです。

日本アカデミー

無事今年の日アカ終了。

正直岡田くん最優秀じゃないの残念です。

岡田くんの演技が一番!ていうよりは、好きな人にはテッペン取ってほしいという単純な気持ち。

 

でもあの空間に岡田くんが存在していることの誇らしさもありました。

選考に乗るような作品に呼ばれること、主演である事、認められる演技をすること。

恵まれた環境もあるけど、いち俳優としてのたゆまぬ努力があるからこそ、こんなに近いタイミングで優秀主演男優賞に選ばれたんだと思うのです。

侍みたいな人だから、言い訳しないでいつでも与えられた役に最大限の努力で取り組んで、主演としての責任を持つ。それでいて謙虚。

アイドルV6の岡田准一であり俳優岡田准一

覚悟を持った人だと知ってるから、素敵な俳優さんたちの中に立つ岡田くんを誇らしく思うのです。

あの場所で最優秀に選ばれた佐藤浩市さんに笑顔で拍手を送る岡田くんすごく素敵でした。

 

 

Can't Get Enough

いつの間にか新曲が視聴できるようになってますね。

かっこいい曲でビックリ。

シングルA面の曲としてこれができるなんて、すごすぎる。

エイベックスさんはV6のことどう思ってるのかな?

最近はものすごく挑戦させてくれますよね。

ありがたいことです。

演者の意向がかなり伝わってるんだろうなあ。

健ちゃん自信たっぷりなの頷ける。

どんなダンスかな?どんなMVかな?

1枚のCDにあんなにテイストの違う曲が入ってて私の心はついていけるだろうか。

これから発売日まで視聴を重ねて耐性つけとかないと。

 

TTT 鑑賞

トニセン舞台 戸惑いの惑星 見ました。

やっぱり生良いなあ。

リーダーの歌声が素晴らしいのと、長野くんが可愛いのと、イノッチの薄い体を堪能できました。

お話がいいんですよね。

既存の楽曲を生かしつつ3人の個性を殺さずにあんな素敵なお話ができるんですねえ。

自然に物語の世界に飲み込まれて、戸惑ってました。登場人物たちと一緒に。

物語は好きなので その世界に浸れることも大好きです。

トニセンもじっくり堪能できて楽しかった。

舞台のトニセンとにかくすごい。

V6はそれぞれが日々を成長につなげてて6人揃えばマジヤバい素敵な人たちだと改めて実感したのでした。

 

余計なお世話

俳優岡田准一しか好きじゃない人がいる。らしい。

すごくもったいないと いつもウズウズします。

歌う岡田准一もすごくいいですよと言いたい。

映画で歌う岡田くんに会えるのは多分、おと・な・りとホールドアップダウン

他に何か歌ってる映画あったかなぁ

海賊とよばれた男木更津キャッツアイも歌ってた。

実は結構歌ってる。

岡田くん映画たくさん見てたら歌声が優しいの気付くはずなのに。

もったいない。

歌手歴20年強なので結構上手ですよ、もっといろんなジャンルが歌えますよ、踊りながら歌うんですよ。

ピアノの先生の息子だから耳が良いのです。ハモリもきれいです。

V6は良い曲が多いし歌唱力高めだからアイドルの歌と思わず聞いてみてほしい。

現実無理だけど、個人的に説得してみたい。

ただ 歌以外は目を瞑ったほうがいい その先はハマると抜けれない楽しい沼だから。

 

 

 

 

メジルシの記憶

忙しくなるほどV6が聞きたくなるというもので、最近ずっと聞いてる。

音楽の難しいことはあんまり知らないので "はーV6好き♡" とただ楽しむ。

コンサートの音源が一番良い。

メジルシの記憶がコンサートで歌われてるというのが良い。

いい曲だけどあの頃のV6にはちょっと早かったのだと思っている。

今やコンサートでアカペラ披露するベテランアイドルのV6もあの時は若かった。

ファンも若かった(笑)

きっと もっとキラキラな曲が求められてたんだろう。

でもあの曲もあって今ここに私たちのV6がいる。

そう考えるとどの曲も素晴らしい。

私が知る以前のV6と私が見てきたV6。

20周年が迎えられたからこそメジルシはコンサートのセトリに入った。

私の中であの曲はやっと日の目を見た曲として認識されてるのだ。

 

夜中に独り言

岡田准一が好き。

これを自覚してからもう14年ぐらい経ちます。

気付けば結構長くFANしてるなあと自分でもびっくりですね。

はじめは単に岡田くん好きでしたが今やアイドルグループV6のFANです。

いつV6のことを好きになったのか覚えてませんが、もうV6なしでは生きていけない体になりました。

岡田くんの何が好きか?それはもちろん自分から見える岡田准一という人の全てです。

でもこれ自分でもちょっと気持ち悪いですね。

職場では笑われてます。

 

で、いくつか挙げるとするとまず顔。

若かりし彼を美人期と言うのはすごく納得です。某作家さんがあんなに美しい顔見たことないと絶賛した美男子でした。

今はおじさんになってアイドル的美貌ではなくなったかもしれませんが、今も岡田くんの顔は大好きです。

次に性格。もしくは役者としての岡田くん。真面目に俳優業に取り組むその姿はまるで修行僧みたい。ジャニの後輩にも厳しめですね。

ジャニーズだからと言われないよう、作品を純粋に楽しんでもらえるよう、アイドルとしての自分を消す努力を只々積み重ねて役と自分を一体化させる彼を尊敬してます。

他にも照れて真っ赤になっちゃう可愛さとか、そのとき思ってることを飾りなく話せる正直さとか、ピアノもギターもドラムもなんでもやっちゃう器用さとか、ゴザ渡っちゃうような運動神経とか、本当に全部好きできりがないくらいです。

あー生岡田見たい(笑)